下垂体のページ

下垂体とは

下垂体は、脳の中央部底面にあるホルモンを出す臓器です。下垂体前葉と下垂体後葉に分けられ、それぞれ異なるホルモンを分泌しています。

下垂体前葉から出るホルモン

  • 成長ホルモン(Growth hormone:GH)
  • 甲状腺刺激ホルモン(Thyroid-stimulating hormone:TSH)
  • 副腎皮質刺激ホルモン(Adrenocorticotropic hormone:ACTH)
  • 卵胞刺激ホルモン(Follicle-stimulating hormone:FSH)
  • 黄体化ホルモン(Luteinizing hormone:LH)
  • プロラクチン(Prolactin:PRL)

成長ホルモン

体の成長と発達の調節、筋肉の形成を促し脂肪組織を減らすことで体形に影響を与えます。過剰に分泌する腫瘍が成長ホルモン産生下垂体腺腫です。

小児期では巨人症、成人では先端巨大症(末端肥大症、アクロメガリー)の原因となります。小児では身長が異常に伸び、成人では身長が伸びない代わりに骨が変形します。

甲状腺刺激ホルモン

甲状腺ホルモンをつくるように甲状腺を刺激します。過剰となるのがTSH産生下垂体腺腫です。

甲状腺ホルモンが過剰となり、動悸、頻脈、振戦、発汗過多、体重減少、眼球突出などの症状が出現します。

副腎皮質刺激ホルモン

ACTH、 コルチコトロピンとも呼ばれ、コルチゾールやその他のホルモンをつくるように副腎を刺激します。コルチゾールは、体温・血圧・血糖・電解質などの身体を維持するための代謝調節を行っています。過剰になるのがACTH産生下垂体腺腫です。

Cushing病と呼ばれ、高血圧症・糖尿病の他、月経不順・骨粗鬆症・肥満などが見られます。

卵胞刺激ホルモン、黄体形成ホルモン

ゴナドトロピンとも呼ばれ、精子を形成するように精巣を刺激したり、卵胞を発育させるように卵巣を刺激します。テストステロン、エストロゲンなどの性ホルモンをつくるように生殖器官を刺激します。

プロラクチン

乳汁をつくるように乳房の乳腺を刺激します。乳腺の発育・妊娠の継続に関与します。過剰になるのがプロラクチン産生下垂体腺腫(プロラクチノーマ)です。

月経不順・無月経・乳汁分泌がみられます。また勃起障害、不妊症の原因にもなります。

<下垂体後葉から出るホルモン>

  • 抗利尿ホルモン(Antidiuretic hormone:ADH)
  • オキシトシン(Oxytocin)

抗利尿ホルモン

腎臓が排出する水分量を調節するため、体内の水分バランスの維持に重要です。

オキシトシン

出産時に子宮を収縮させ、出産直後の過剰な出血を防ぎます。また、 オキシトシンには乳房の乳管を収縮させて、授乳中の女性の乳首へ乳汁を送り出す(催乳)働きもあります。

下垂体の病気

下垂体腺腫

下垂体腺腫は脳にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でも15%を占め20〜40代に多い良性の腫瘍です。下垂体前葉から発生します。

下垂体腺腫の分類としてサイズによる分類と、ホルモン産生の有無による分類があります。

下垂体腺腫のサイズによる分類

  • 大きさが1cm以下の腺腫:微小腺腫(microadenoma)
  • 大きさが1cm以上の腺腫:大腺腫(macroadenoma)

(発生は微小腺腫が4割、大腺腫が6割といわれています。)

ホルモン産生の有無による分類

下垂体前葉ホルモンを分泌してホルモン過剰による症状を呈するものを機能性下垂体腺腫、ホルモンを分泌しないものを非機能性下垂体腺腫といいます。

  • 機能性下垂体腺腫
  • 非機能性下垂体腺腫

(発生は機能性腺腫が7割、非機能性腺腫が3割といわれています。)

下垂体腺腫の症状

機能性腺腫の場合、ホルモン異常などもあり症状が出ますが、非機能性腺腫の場合は腫瘍のみで症状は出ないため、サイズが大きくなり周囲の構造を圧排したり、神経が圧迫されて初めて症状があらわれます。

ホルモン異常による主な症状

プロラクチン(PRL)異常による症状

  • 月経異常
  • 不妊
  • 乳汁分泌
  • 性欲減退

成長ホルモン過多による症状

  • 身長のが急に異常な増加を見せる
  • 指が太る
  • 唇が厚くなる
  • あごがしゃくれる
  • 手のしびれ
  • 心疾患
  • 高血圧
  • 糖尿病

副腎皮質ホルモン過多による症状

  • 肥満
  • 色素沈着
  • 毛が濃くなる
  • ニキビができる
  • 血圧上昇
  • 骨粗鬆症

神経圧迫による主な症状

  • 目の奥に重みを感じる
  • 頭痛
  • 視野障害
  • 視力障害

ホルモンが過剰に作られることによって生じる症状

先端巨大症(末端肥大症、アクロメガリー)

先端巨大症は、下垂体腺腫により成長ホルモン(GH)が過剰に作られる事により発症します。GHは成長期に身長を伸ばす事に関係するホルモンです。大人では成長が止まる為骨は縦に伸びず横に太くなって行きます。

先端巨大症は、手足など体の中心から離れた先端寄りの部分が大きくなります。また、皮膚や舌の厚みも増していきます。さらに、高血圧や糖尿病になることもあります。

Cushing病

Cushing病は、下垂体腺腫により副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)ご過剰に作られる事により発症します。ACTHが過剰に分泌されると、副腎皮質から過剰に副腎皮質ホルモンが出され様々な症状が起こります。

頬.肩.首周り.腹周りに脂肪がつき、手足は細いという特徴的な体型になります。(中心性肥満)

また、筋力の低下を自覚することもあります。さらに、高血圧や糖尿病になることもあります。

プロラクチノーマ

プロラクチノーマは、プロラクチン(PRL)を過剰に作る下垂体腺腫を言います。PRLは出産後女性において乳汁分泌を促進します。プロラクチノーマから過剰にPRLが出て高PRL血症になると、出産後でなくても乳汁の分泌が見られます。

また、排卵が起きにくくなったり、月経異常や不妊の原因となることもあります。男性では性欲低下が見られることがあります。

ラトケ嚢胞

成長していく過程で退化して消えるはずの嚢胞が下垂体部残ってしまったもので、20%くらいの人がこのラトケ嚢胞を持っていると言われています。通常は大きくならないため、症状がなければ治療の必要は全くありません。

もしサイズが大きくなり視神経を圧迫したり,ホルモン機能の異常をきたしたり、慢性頭痛の原因になっていると考えられる場合には手術による治療を必要となります。

頭蓋咽頭腫

胎生期のラトケ嚢胞の遺残上皮細胞から発生する上皮性の良性腫瘍(WHOグレードI)です。トルコ鞍上部(脳下垂体の茎の部分)に発生し嚢胞形成を伴います。組織学的にエナメル上皮腫型と乳頭型に分類でき、乳頭型は小児には少ない腫瘍です。

視覚障害、尿崩症、成長障害などの内分泌障害などの症状があらわれることもあります。また、第三脳室へ進展すると、水頭症を合併して頭蓋内圧亢進症状を来します。

側方や脳幹前面に進展すると局所の圧迫症状を来します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

肝臓のページ

次の記事

脳幹のページ