心臓のページ

不整脈とは

不整脈は、心臓の脈拍が正常とは異なるタイミングで起きるようになった状態のことです。脈が速くなる頻脈や、脈が遅くなる徐脈、予定されていないタイミングで脈が生じる期外収縮があります。

不整脈の分類

不整脈を心拍数による分類、緊急度から見た分類すると下記のようになります。

心拍数から見た分類

頻脈性不整脈

心房性

  • 洞性頻脈
  • 心房期外収縮
  • 発作性上室頻拍
  • 心房粗動
  • 心房細動

心室性

  • 心室期外収縮
  • 心室頻拍
  • 心室細動

徐脈生不整脈

  • 房室ブロック
    • Ⅰ度房室ブロック
    • Ⅱ度房室ブロック
      • Wenckebach型
      • MobitzⅡ型
    • Ⅲ度房室ブロック
  • 洞不全症候群
    • Ⅰ群洞性徐脈
    • Ⅱ群洞房ブロック、洞停止
    • Ⅲ群徐脈頻脈症候群

その他

  • 脚ブロック
  • 早期興奮症候群
  • WPW症候群
  • LGL症候群

緊急度から見た分類

蘇生を必要とする不整脈

  • 心停止
    • 心室細動
    • 拍動を触れない心室頻拍
    • 伝導収縮解離
    • 心静止

緊急治療を必要とする不整脈

  • 心室頻拍
  • 発作性上室頻拍
  • 血行動態が不安定な心房粗動
  • 血行動態が不安定な心房細動
  • 血行動態が不安定な房室ブロック

治療を必要とする不整脈

  • 発作性上室頻拍
  • QT延長症候群
  • 血行動態が安定した心房粗動
  • 血行動態が安定した心房細動
  • 血行動態が安定した房室ブロック
    • Ⅱ度房室ブロック(MobitzⅡ型)
    • Ⅲ度房室ブロック
  • 症状を伴う洞性頻脈、洞不全症候群
  • 症状を伴う房室ブロック
    • Ⅰ度房室ブロック
    • Ⅱ度房室ブロック(Wenckebach型)
  • 症状を伴う期外収縮
    • 心房期外収縮
    • 心室期外収縮

治療を必要としない不整脈

  • 症状を伴わない洞性頻脈、洞不全症候群
  • 症状を伴わない房室ブロック
    • Ⅰ度房室ブロック
    • Ⅱ度房室ブロック(Wenckebach型)
  • 症状を伴わない期外収縮
    • 心房期外収縮
    • 心室期外収縮

不整脈の緊急度や治療方法は千差万別です。健康な人にも生じる不整脈では健康被害はなく、放置しても問題ありません。一方、命にかかわる不整脈も存在し、この場合は積極的な治療介入が必要とされることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大腿骨のページ